2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
2017.05.02 桂川
- 2017/05/13(Sat) -
GWは、犀川遠征の他に、実は桂川へも行っていたのですが・・・本流で釣れたのは、この放流マスと子ヤマメのみという貧果に終わり、ブログアップする気も失せていました^^; 昼間は夏日のようなピーカンになってしまい生命感が感じられず、支流に逃げる始末・・・。ただ、支流は魚の活性も高く鱒5、ヤマメ1が釣れ楽しませてもらいました。
これからどんどん気温、水温も上がっていく中で、どうしたら攻略できるのか・・・考えさせられますね。。。
20170513.jpg

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 2017年釣行記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
犀川遠征 2017.04.28-29
- 2017/04/30(Sun) -

1日目 2017.04.28 Fri

世間よりも一日早く休暇をとり、長野県犀川へ遠征へ行ってきました。毎度のこと、同行者はルアーマンの丸氏。私はルアーではなく、ダブルハンドタックルのフライフィッシングで挑みました。もうすぐ5月というのに安曇野の朝は気温3度程でかなり寒く、薄着で来たことを後悔しました。それでも、すぐに陽が昇り、過ごしやすい気温になりました。


そして、今回の遠征では、今までにない展開が待ち受けてました・・・


20170430.jpg



な、な、なんと、釣りを開始して早々に、犀川に丸氏の超絶シャウトが響き渡りました。


「デカいのキタァァァァァぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁぁぁぁaぁーーーーーーーーッッ!!!!!!!」


よくウソついてシャウトを上げるのですが、今回は声の気迫が違います。こりゃ、マジで掛けたな。


すぐにラインを回収し、丸氏のもとへ駆け寄ってみると、でっぷりと太ったブラウントラウトが岸辺に横たわっていました。写真の写りではわかりにくいですが、50UPの太っちょです。ファイトを終えた丸氏は興奮状態で、足もプルプル震えていたようです。こんな魚を釣れば、そりゃ震えるな^^; 二人で何回犀川に来たかわかりませんが、ようやく釣り上げた一匹・・・おめでとう☆

私自信もまだ経験は浅いですが、乾いた手で魚を触らない、できるだけ魚を水から上げない、逃がす時はしばらく魚を水に浸けてあげて回復を待つ、などの基本的な魚のいたわり方を教え、魚がビューンと元気よく帰っていくのを二人で見届けました。

丸氏が釣った50UPブラウントラウト
20170430_01.jpg



先を越され、取り残された私・・・



陽も昇りピーカンとなり厳しい展開に・・・



20170430_02.jpg



何か所かポイントをまわり、ようやく一匹の子ブラウンが姿を現してくれました。


嬉しい・・・本当に・・・この一匹がどれほど気持ちを落ち着かせてくれたことか。


この一匹が初日を締めくくる魚となりました。


20170430_03.jpg



2日目 2017.04.29 Sat

世間的にGW初日ですので、釣り人の数が増えるのは容易に想像できますが、想像を超えていました(汗) 遠征組にとってはこれは厳しいっす。。。

まだ、ダブルハンドの本流フライフィッシングの経験が浅いので、ランニングラインの扱いやキャストに気をとられてしまい、釣りに集中するのが難しいのですが、昨日振り倒したおかけで大分形になってきてくれました。本当に近道のない厳しい道のりです。地道に場数を踏むしかないですね。

最初のチャンスが私に訪れました。浅瀬をゆっくりとスイングさせていると、突然、「グン、グン、グンッ」と魚からのコンタクトがあり、ロッドを上げると魚の重みがありました。強めにテンションを掛けても浮いてきてくれないので、それなりのサイズだと判断しリールファイトに切り替えようとしたところ痛恨のフックアウト。やっちまった。。。
20170430_04.jpg



気をとりなおし同じポイントにフライを流すと、再び魚からのコンタクトがありました。


ただ今回の魚は、子気味よい引きをする小さなレインボーでした。


サイズは小さいけれど、鰭がピンとはって、キラキラと輝く綺麗な魚でした。


20170430_05.jpg





新しいポイント開拓しようと歩き回る中で見つけたツクシ。久々に見ました。可愛いなぁ。

20170430_06.jpg



そして、気づけば時間は夕マズメになり、帰りの時間が押し迫ります。徐々に陽も陰りはじめ、川原に静けさが広がりました。周りを見渡すと、少ないながらも水生昆虫が飛び交います。昨日の状況から判断し、大型の虫は出そうにないなぁと判断し、より繊細な釣りをしたいと思い、シングルハンドに切り替えました。

辺りが薄暗くなり青がかった景色になるころ、メイフライが盛んにハッチし始め、水面で羽を乾かす姿を多く目にするようになりました。それでも、ライズは起きない。魚はどこかに行ってしまったのだろうか。帰りの時間を気にしつつ、引き際を考え始めた頃、水面をバシャっと割るライズ音が耳に届きました。

ハッチしていたメイフライに似せたウェットフライを結び、ライズを目がけて投げ入れると、グググッとロッドが絞り込まれました。水中で銀色に輝く魚体はそれほど大きくは見えませんが、縦横無尽に駆け回り、ロッドを何度も絞り込むパワーには驚かされました。


20170430_07.jpg



上がってきたのは、青白い光を放つ鱗が特徴的な美しいレインボートラウト。鰭も綺麗だし、よく引くわけです。


今回の犀川遠征を締めくくるのに申し分のない魚です。


ありがとう、君のおかげで、帰りのロングドライブを乗り切れました。


20170430_08.jpg

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 2017年釣行記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
テニス草トー シングルスに初参戦
- 2017/04/24(Mon) -
4/22(土)、シングルス 超初級クラスに初参戦。初戦が最大の山場となり、初っ端から0-3とリードされ、一瞬頭の中に”負け”の二文字がよぎるも、そこから集中力をとりもどし6ゲーム連取し、6-3で勝利!2戦目以降もいい流れをキープでき、優勝をもぎ取れました!ただ、決勝戦は・・・疲労で足をつりそうになったりと危なかった・・・危うく流れを手放すとこだった^^;
今回は、今までになくストロークをコントロールでき手ごたえアリ。反面、いくつかの課題も見つかりました。まずは2ndサーブの強化だな~~

1R ○6-3
2R ○6-0
SF ○6-1
F  ○6-2

20170424_01.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
この記事のURL | テニス | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子供と川釣り
- 2017/04/16(Sun) -
ポカポカ陽気で気持ちいい季節になりましたね~緑も増えて水辺の光景もキラキラしています。
ウグイやオイカワなどの小物狙いでしたが、なかなか魚影を見つけられず結局ボウズ(;´Д`)竿をしまって車に戻る時にかぎって、小魚の群れを見つけてしまいました。。。釣れなかったけれど、子供は何だかんだ楽しかったようなのでよかったよかった。
もう少し川の下調べをして、今度は釣らせてやるからな!
20170416_01.jpg







20170416.jpg

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
この記事のURL | 2017年釣行記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
季節の移ろい 2017.04.08 桂川
- 2017/04/09(Sun) -
2017.04.08 Sat

都内の桜が満開を過ぎ葉桜になり始める頃、桂川周辺ではまだ咲き始めでした。川の様子と言えば、どことなく春を感じるようになりました。川原には水生昆虫が飛び交う姿も見られ、水温も先週と比べ2~3℃上がっていました。魚たちが快適に過ごせる時期というのは人間にとっても同じ。春の川には多くの釣り人が集っていました。

ゆっくりと10時過ぎに入渓し、開始15投くらいで虹鱒が釣れました。先週の放流魚でしょうか。
20170409_01.jpg






それからほどなくして二匹目。同じくらいのサイズの虹鱒。
まだ見ぬヤマメを求めてポイント移動することにしました。今後のことを考えて、まだ行ったことのない場所を探してみました。渓相のいいところでしたが、流れの規模が大きくフライの流し方が難しい!まったく魚からの反応を得られませんでした。釣り終わって入渓地点まで引き返してきたところ、釣り人5人に出会いました。人気ポイントだったんですね^^; その後もう一ヶ所入ってみましたが、最後まで何も起きずに納竿となりました。いや~厳しかったけど、新しい場所に挑戦しての結果ですので気が済みました。
20170409.jpg





初めて、桂川でサルを見ました!うまいこと石の上をつたって対岸に渡っていました。
写真に納めた瞬間は、ちょっと水没してる?
20170409_02.jpg

にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村
この記事のURL | 2017年釣行記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ